若干途方に暮れる

仕事が宙に浮いて、休日にしようとしていたことも滞る。

昔受けた知能検査の結果などを思い出したりもする。その時は、どんな仕事をしたら良いだろう的な目的もあったので、検査結果の紙には、非常に一般的な観察が書いてあったりもする。

聴覚的な処理、ことばの理解や操作は全般的に強く、視覚的な処理、絵や図の理解や操作は全般的に弱いことが考えられます。社会的認知(状況や他者の気持ちを理解)の弱さが疑われ、位置や方向、場所を間違える、手先の不器用さが推測されます。苦手場面での緊張は非常に強いため、手先を使う、事務処理やスピードを求められる作業は負担がかかるように感じます。

モノを急いで運ぶとか、向いてないよねえ…。まあ、知能検査を真に受けたって仕方ない、という気もするんだけれど、結構長いこと世話になったカウンセラーの人の観察でもあるんで。