そういえば「研修」に行ってきた

その後、若干の鬱に入ってしまい、何も言葉が出てこない。店舗前に佇んでいたワイモバイルのきぐるみを、死ぬまで蹴ってやりたいと思ったけれど、そんな体力はない。そもそも蹴らない。中の人の時給はわたしと変わりがなかろう。「弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく」。

普通の人生が羨ましく、あるいは羨ましく感じるのが面倒で、疲弊する。目標を高く持つと折れてしまう。どこまでも低くしなきゃいけない。だから、遅刻したくないから3時に起床し、7時半に家を出て、8時間の「研修」を受けたのは、上出来だって考える。時給も1,000円(!)なぜか出ていて、8,000円になった。まだ冬は残っているからヒートテックのタイツを買った。ともかく最初の契約期間、それを満了することだけを考える。唐突に死にたくなるのは困ったことだ。