休日雑記

バイトは平穏に続いている。でも、このバイトを長く続けても仕方がない。今後はドライバーをやるという方向は、決定された。まだ免許もとっていない。でも、何とかなるだろう。配送の現場で実際に仕事を経験してみて、悪い仕事でないと思った、とは、本音でいうことができる。モノをひとつ届けて、それがモノひとつ分、役に立つ。それ以上でも以下でもない。そのシンプルさが、好きだと思った。


それにしても休日はすぐに終わり、疲れは取れない。ドライバーほど長時間労働でないし、所詮は補助なので体力的にも楽なのだが、それでも取れない。肩が痛み、手首が痛む。全身がダルい。


今まであまりに「社畜云々」の言葉に(マトモに働いたこともないのに)馴染んできたせいで、その外部で、実際にどのように仕事とその周辺について書けば良いのか、よく分からなかったりする。