子ども

疲れた。今週もまた、始まる。


インターホンを押したら子どもが出て、「いまお母さんは家にいません」。わたしは、「いつ頃お戻りになられる予定ですか」と訊くーーが、子ども(6歳とか?)に対して、この敬語(正しいかもわからない)は、おかしいよなと思う。

エントランスのドアが開く。なぜか、開けてくれた。そんなわけでその配達先の部屋に水(30キロくらい)を抱えて行き、当たり前だけどやっぱり子どもが出てきて、

子どもに対しての適切な言動がさっぱりわからない、

と思う。

人によって言葉遣いを変えることはアンフェアに思える。だから基本的には誰にでも丁寧語なのだが、6歳くらいの男の子にそれは、おかしい。フェアとかそういう問題じゃない。だから、言葉を崩そうとする。けれど崩した言葉は「タメ口」となり、この子は「タメ」ではない。

言葉は続かない。不自然な敬語に戻る。

その子は、サインをフルネームで、ちゃんとした漢字で書いてくれた。私は小学校低学年のときに漢字で名前が書けた覚えはない。すると、この子はもう少し上なのだろうか。子どもの年齢はよく分からない。最後には「ありがとーございましたー」とまで言ってくれて、私はあなたくらいの年齢の時、言葉をまともに喋れなかったよ。