2018-07-29

日曜。仕事(バイト)だった。

セミが、わんわん鳴いていて樹を、見上げるのだけれども何も、発見できずに信じられないことだけれど、小学校の頃の夏休みというのは「セミ取り」だった。視力は2.0で、高い高い樹上のそれも、はっきりと視認でき、何にあんなに夢中だったのか、夏はそればかりだった――ひとりで。友達いなかったな。小学校の頃、学校で浮いていた記憶はないのだけれど、終業式とともに誰とも合わなくなり、40日を挟んで始業式、9月1日に、昨日の続きみたいに、話を始める。そんなふうなことができなくなって、子供時代は終わった。

台風の過ぎ去ったあと、コントラストの強い空。疲れた。今日は、疲れた。