読書、コード、トレーニング(3)

コード

「今日も書かなかった」となると終わるので、書いた。以下の本の、Chapter 4 をなぞる。

3までは少し前にやっていて、大体は忘れていた。が、気にしないで進み、1時間ほどで終わった。

レーニン

ハンギング・レッグレイズは、懸垂バーにぶら下がってのものだけれど、現状では腹筋等の限界より遥かに早く、腕力の限界が来てしまう。そう長くぶら下がってられない。

読書

バグる脳 ---脳はけっこう頭が悪い

バグる脳 ---脳はけっこう頭が悪い

p.92まで。この本は面白い。話の速度と密度が理想的。