2019-06-02

6月になっていた。職業訓練の合否の結果は6月7日に出る。それまでは何もせず無職のままだが無職とは暇なものだ。全く何も、やることがない。虚無。


1日の使いみちを自分で全て決定するのは多大な負担で、働くことはその苦痛を除外してくれる。結局の所、1日が余っていても、やることなんてない。通勤電車に監禁されたほうが読書も捗る。私には無職の才能はない(無職の才能は散歩の才能と似ているように思う)。


FXのTwitterアカウントを作成し、そこでトレードログをつけることにした。GMOの「トレードアイランド」(月別の実トレードの結果が公表できる)と、Twitterアカウントを繋いで、そこからFXのBlog及びYouTubeチャンネルに誘導するような感じをイメージしている。

私は嘘も宣伝も書くことができない。でも、本当のことなら書ける。トレードアイランドで成績の真正さは担保されるし、その実績――このくらい勝ったり負けたりしている――をもとに、地味なブログと動画を作成していくことは、できる。私はそれをニッチな副業として、開始したい。案外と、今はまだチャンスのような気がしている――特に、YouTube


以下の動画(チャンネル)は衝撃的だと思うのだ。

単なる51歳の、もう働きたくないオッサンが日常・食事風景を撮ってアップロードしているだけのチャンネルが、月10万の収益を生んでいるということ。今後はもう少し伸びしろがあるだろうから、すると地方の最低賃金は楽に超えるし、東京のそれも遠からず超えてしまうことになる。「労働の価値」のようなことを思う。最低賃金近辺でこなされている無数で膨大な労働より、この動画のほうが価値がある、という奇妙さ。