日曜雑記

7月1日から、某所の職業訓練に通い始めた。

私は無職だが、周囲の人間も例外なく無職であるという点に、奇妙さを覚える。年齢層は存外にバラバラで、全体的にあまり若いという印象はない。コースへの意欲もまた、バラバラだ。単に失業保険の延命のためだけに来ているっぽい人もいれば、このコースをテコに、実際に転職してやろうって野心のあるだろう人もいる。野心を持つには年を取りすぎている人もいる(私もその1人だ)。

授業の速度は、今のところは遅いと思う。最初の数日は、「こんにちは世界」以外に何一つとして、書かなかった。が、直近の数日は普通にコードを書くようになり始め、プログラミングの授業っぽくなってきた。それだけで変に嬉しく、通うことが決定してよかった、と思った。


あまり、訓練校の内容について、ブログに書くことはないと思う。個人情報への配慮もあるし、私は別に訓練校の内情をリークするために半年もらったわけでもない。

偶然、仕事(バイト)を辞めた時期に、興味の持てる訓練があった。あまり考えもなしに応募したら合格し、通うことになった。私はこの方面に転職するにはあまりに年を取りすぎているし、そもそも能力があるかも分からない。でも、偶然だけれど半年、もらった。半年頑張ってみようと、思った。半年半年って言ってるけど、実際にはもう、明日から残り165日しかない。時間はない。

このブログは多分、放棄されないとすれば、日曜日に更新されます。それ以外の日は、余計なサイトにアクセスできない仕様にしてしまった。今日はこれから、ウィンブルドンの決勝、フェデラーVSジョコビッチを見届ける。また来週、何か書きます。