2019-10-25

家に帰ると母が壊滅的にボケていた。

…。

朝は、正常だったはずなんだけどな。なぜか三角コーナーにご飯が捨ててある。机にはふりかけをかけた痕跡のある器が、あって、他には紙切れや薬、目薬等であまりに散らかっていて。薬を普段の場所に戻し、目薬を戻し、というのを、私が指示するようにして言葉にして、やってもらう。何かを片付けるのにも最低限の段取りというものは必要で、1つ2つを普段の位置に戻すという段取りが、今日の母には取れない。今、どうして椅子を持ち上げ、場所を移動させたのだろう。その理由が飲み込めない。

そして、飲み込める。母は米を収納するケースを、探していた。持ち上げるという動作は、それに微妙に重なる。

…。

まだ、今年の春頃までは病気とは言っても、単に行動がスローモーで、程度のものだった。7月頃から、衰えが顕著になった。

…。

薬を服用し始めて消えた身体の傾きが、ここ数日で、再登場した。

…。

アルコールを摂取しないほうがいいのは、私には自明すぎるほど自明で、しかし母はそれを分からない。で、私が母に説教する的な展開になり、一体私は何様なんだ。

…。

洗い物をする。これは多分、言葉=意識の問題ではないんだろうと思う。意識=言葉の届かない場所での狂いに、意識=言葉でなんとかしろということには意味がない。ある種、こういうことを、とても実感なく考えてきた人生でもあったような気がするのだが、要するに私は何も分かっちゃいない。

…。